アントシアニンを飲んで目をリフレッシュ|健康に良い栄養素

家族

増えすぎると生死に関わる

ダイエット

動脈硬化を招く成分

コレステロールは体に欠かせない脂質の一つです。しかし増加しすぎると体に悪影響を及ぼしてしまいます。血管の壁に蓄積されることで動脈硬化の原因となりうるのです。動脈硬化は自覚症状がなく、動脈硬化の行く先にある心筋梗塞や脳梗塞が発症して初めて動脈硬化に気づくことも少なくありません。したがって、コレステロールを日常の生活で意識するとともに健康診断などで適切なコレステロール値を把握しておくことが大事なのです。コレステロールが異常に多くなると脂質異常症が発症します。これは血液中の悪玉LDLコレステロールが多すぎたり善玉のコレステロールが少なすぎる場合に発症します。動脈硬化になるサインともいえる症状になるため、早期改善が必要な状態です。

青魚を食べることで改善

コレステロール値を下げるためには、血液中から減らすための食品、外への排出を促す食品、肝臓での生成を抑制する食品など食品によるコントロールがメジャーです。青魚に含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにする成分が含まれる食品です。これらはコレステロールを正常な状態にまで減らし、肝臓での中性脂肪の合成を抑える働きも持っています。さらに血液をサラサラにするなど効果が高い食品になっています。しかしほとんどの人が既定の摂取量をとれていないのが実情です。サプリメントを活用するなど食品で補えない栄養素も積極的に体に取り入れるようにすることがおすすめです。もちろん青魚以外にも野菜などの摂取で下げる効果もありますが、青魚のその効果には及びません。